小児歯科

正しい予防でお子様の歯を守りましょう

お子様が歯科治療を受ける理由でもっとも多いのが「虫歯」です。乳歯のときから虫歯ができているお子様は、大人の歯になってからも虫歯ができやすくなるという傾向があり、子どものときから注意していくことが必要です。

また、子どもの時の歯並びは、成長期や大人になったときの顔貌や全身バランスに大きく影響します。

お子様の歯並びが気になり、歯列矯正を行う場合、大人より短期間で費用も少なくてすむことが多いです。

 

小児歯科で正しい虫歯治療・予防を受け、お子様の歯を守ってあげましょう。