治療までの流れ

問診票の記入 (1日目)

 

受付にてお体の状態などを問診票に記入して頂きます。

検査と診断(1日目)

 

歯ぐきの全体的な検査、レントゲン撮影、問診などによる顎関節検査、診断用模型の型取りを行います。

治療に先立つ歯ぐきのお掃除(歯石除去)もいたします。(時間の都合により次回の治療で行うこともあります。)

 

ただし、ひどいお痛みなどの緊急性のある場合はこの限りではありません。

詳しいカウンセリングと治療の開始(2日目)

 

前回の検査結果、レントゲン写真に加え、型取りした模型にて詳しいカウンセリングを行い治療方法を患者様に選んで頂きます。

気になること分からないことがありましたら何でもお気軽にご質問ください。

 

治療方法が決まりましたら治療を開始していきます。

 

 

 

治るまでどれくらいの期間がかかりますか?

 
当院では1人1人の患者様にしっかり診療時間を確保し、できるだけ最小の来院回数になるように治療計画を立てております。治療期間に関しましては、来院して頂いただけ治療を進めることができますので、患者様のご都合とご予約のペースで治療期間は変わってきます。歯周外科やインプラントなど歯ぐきが安定するまでの待機期間がある治療もありますが、歯ぐきが安定するまでの間、他の部位に治療の進めれる場所があれば治療しタイムロスを減らして治療期間を短縮できるように心がけております。

歯石取りはしないといけませんか?

 
被せ物をする前に歯石が残っていますと虫歯になりやすかったり、歯周病が進行しやすい状態のままで、すぐに歯がダメになって抜かなくてはいけなくなってしまいます。ですのでしっかりとした歯石除去が重要になってきます。