審美治療

当院では自費治療、保険治療に関係なく審美性、機能性を最大限に追求しております。

多数歯での前歯部補綴(被せ物)においては必ず金属に置き換わる前の蝋型にて試適を行い患者さんと相談しながら最良の形態を決定します。

歯周外科を併用して歯ぐきのラインを改善することも可能です。

  

ハイブリッドセラミック

gradia.jpg

 

ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料です。
陶材焼付鋳造冠(メタルボンド)よりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。

 

適応部位

単冠〜フルブリッジまで

審美性  陶材焼付鋳造冠(メタルボンド)にはやや劣りますが前装部が欠けたときなど同じプラスチックの素材ですぐに修理できる利点があります。
 物理的特性  

金属で裏打ちしていますので強度が高く、どの部位にも適応でき、
長年の使用でも磨り減らず長期間ご使用いただけます。
また、インプラント上部構造やロングスパンブリッジなどにも幅広く対応
できます。

注意点   長期間の使用で歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがあります

 

 

 

陶材焼付鋳造冠(メタルボンド)

 MB2.jpg

 

陶材用の金属に陶材を盛り付けた、審美性と対磨耗性に優れた製品です。
内側に金属を使用している為、天然歯と同等の硬度を再現する事ができます。

 

適応部位

単冠〜フルブリッジまで

審美性

レジンよりも透明感に優れ、天然歯に近い色調を再現できます。
長期間の使用で変色することもありません。

物理的特性

金属で裏打ちしていますので強度が高く、どの部位にも適応でき、
長年の使用でも磨り減らず長期間ご使用いただけます。
また、インプラント上部構造やロングスパンブリッジなどにも幅広く対応
できます。

注意点

長期間の使用で歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがあります

 

 

ジルコニア

 

zirukoniaB-0.jpg

 

ジルコニアとは、金属元素ジルコニウムの安定酸化物である酸化ジルコニウムの
総称であり、強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた歯科材料です。

 

適応部位

単冠〜6本まで

審美性 金属を使わないため歯周病で歯ぐきが退縮しても金属ラインが見えることはありません。
物理的特性 金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

 

料金についてはこちらへ