歯周病治療

 

予防治療(歯石除去)

91021006.gif

歯磨きをしっかり行っていても歯と歯の隙間などに磨き残しがあったりすると、それが原因で歯石を作り歯槽骨(歯ぐきの骨)を溶かす原因となってしまいます。

            

91021007.gif

歯石により歯槽骨(歯ぐきの骨)が溶かされると歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)が深くなります。

そうなってしまうと歯磨きでしっかりとよごれを取り除けなくなり細菌による歯ぐきの炎症が生じ、痛みや腫れが出やすくなります。

            

 

91021008.gif

歯周ポケットが深いとしっかりとした歯磨きもなかなか出来なくなり、より歯石がたまりやすい状況になり歯槽骨(歯ぐきの骨)の溶かされるスピードが速くなります。歯槽骨(歯ぐきの骨)の支えも少なくなり歯が揺れ始めてきます。

             

91021009.gif

歯槽骨(歯ぐきの骨)では歯を支えられなくなってしまい、最後には抜け落ちてしまいます。

 

 

 

 1534020110.gif

そうなる前に歯医者さんでしっかりとした歯石取りを行い、歯の寿命を長くしていきましょう。

歯を残すために予防治療(歯石除去)がもっとも重要になってきます。

 

 

歯周外科を伴う補綴(被せ物)治療

歯槽骨(歯ぐきの骨)が痩せて歯周ポケットが深くなってしまい、予防治療だけではなかなか噛むことができない場合。

 

深くなった歯周ポケットを外科的に除去し健康な歯ぐきの状態に戻します。

 

 

0267055001.gif

歯周病が進行した歯同士を補綴治療(被せ物)にて固定

 

 

 

歯ぐきを健康な状態にしただけでは歯の揺れは収まらず食べ物を力強く噛むことができません。

歯周病の進行している歯はそれぞれ動揺がありますが、お互いを補綴治療(被せ物)で固定することにより見かけ上の揺れを無くし食べ物をしっかり食べれる状態にします。