入れ歯治療

歯の欠損した部位を入れ歯にて審美的、機能的に回復する方法です。

総入れ歯、部分入れ歯など種類は様々ですが患者さんのお口の状態から最適な設計を検討し製作しています。

入れ歯治療は快適な咀嚼による生涯的なトータルヘルスケアをサポートします。

 

保険の入れ歯

裏打ち部分はすべてプラスチックになります。

厚みがある分、異物感が大きくなります。 

 

 

 0-2.jpg

3-1.jpg

 

  

92041002.gif

 

自費の入れ歯

 

 

VR-0.jpg

 コバルトクロム

 

金属床に幅広く使われているバイタリウム(コバルトクロム合金)を使用した入れ歯です。
強度が高く、設計の幅が広いので様々な症例に適用できます。

 

適応部位

上下顎共可能です

物理的特性 軽量・強度・剛性・伸張性、そして弾性などの正確なバランスを与える
のに必要な物理的性質を持っています。
その強度の高さにより設計に幅を持たせることができ、厚さもレジン床の
約1/3で作ることができます。(異なる金属との連結も可能)
また、熱伝導率が良いので食べ物の温かさや冷たさを感じやすいです。
生体親和性 耐変色性、耐腐食性に極めて優れています。
ニッケル、ベリリウムを含んでいませんので金属アレルギーの心配が
少なく、優れた生体親和性が認められています。
注意点 チタン・レジンに比べ少し重くなります。
酸性の食べ物を食べることによりほんのわずかですが金属味がする
可能性があります。

 

 

 

titan-0.jpg

チタン床

 

チタンはインプラントなどにも応用されるほど生体親和性が良く、物理特性も優れて
いますので、義歯に使用することにより厚みが薄く、軽い義歯が製作できます。

 

適応部位

上下顎共可能です

味覚 金属につきものの独特の金属味が殆どない為、義歯使用による
味覚の変化がないことも患者様に歓迎されるメリットです。
物理的特性 重さが金合金の約1/4と軽い為、重い義歯から患者様を解放します。
また保険義歯の約1/4の厚さで作ることができ、非常に薄いです。
また、コバルトクロムや純チタンよりも強度が上回り、金属疲労も
起こしにくいです。
生体親和性 安定した皮膜に包まれており金属イオンが溶出しないので
金属アレルギーの心配が殆どありません。
注意点

長期の使用により黒く変色する恐れがあります。
また、金属の為口腔内での調整が難しいです。

 

料金についてはこちらへ